NISAはロールオーバーがあるのでおすすめ

NISA

NISA(少額投資非課税制度)はメリットの多い、おすすめの制度だといえるでしょう。
2014年から始まったNISAでは、その後様々な税制改正が行われています。
例えば制度の開始直後は年間投資限度額が100万円までに限られていたのですが、その後上限が120万円に引き上げられました。
2016年からは未成年者を対象としたジュニアNISAが、2018年からは積立投資を目的とした積立NISAがそれぞれ開始されています。

さらに税制改正の重要なポイントとしては、ロールオーバーに関する規定があげられます。
NISAでは制度の開始から5年間、毎年最大120万円(開始当初は100万円)の投資枠が与えられ、制度を利用して購入した株式等は最大で5年が経過するまで保有することができます。
さらに5年が経過した場合にはこれを再度新しい投資枠にそのまま移行することが可能であり、これがロールオーバーと呼ばれているのです。
ロールオーバーが認められるのはそれぞれの投資枠ごとに1回限りとなっていますので、実質的に最長10年間の保有が可能になります。

NISA制度開始の時点では、ロールオーバーが認められるのは新しい投資枠の範囲内とされていました。
例えば購入した株式が値上がりして240万円になっていた場合には、ロールオーバーができるのはそのうちの120万円分に限られ、残りの120万円分についてはNISA以外に口座移管するか、あるいは売却して現金化することが必要とされていたのです。

2018年の改正ではNISA口座で購入した株式が値上がりした場合には、値上がり益を含めた全額を新しい投資枠に移行することが認められました。
前述の例であれば240万円分の株式を、そのまま年間投資限度額120万円の投資枠に移行することが可能になったのです。
改正後の新しいNISA制度では、限度額いっぱいまで購入した株式等の全額を10年間持ちつづけることができます。
売買益が非課税になるというメリットを、ロールオーバーにより最大限に享受することができるのです。

ロールオーバーがデメリットになる条件や状況とは

ロールオーバーは投資家に有利な制度ですが、実際に利用する際にはメリットだけではなく、デメリットについてもしっかりと把握しておくことが必要になります。
NISA制度の特徴は株式の売却益が非課税になることですが、一方で売却損が出た場合には、これを他の株式の売却益と通算して節税に役立てることはできないというデメリットがあります。
NISAでは売却益も売却損も、いずれも存在しないものとして取り扱われるのです。

NISA口座で購入した株式を5年間保有してロールオーバーする際には、株式はロールオーバーの時点における時価で評価されることになります。
例えば1株1000円で購入した株式が1500円に値上がりした状況の場合には、ロールオーバー後の取得価額は1500円とされるのです。
ロールオーバーができるのはそれぞれの投資枠ごとに1回限りとなり、購入から10年が経過した時点で再度ロールオーバーすることはできません。
その後はNISA以外に口座移管するか、あるいは売却して現金化することになります。

たとえばロールオーバーした株式がさらに値上がりしたという条件の場合には、NISAの非課税のメリットを最大限に享受することができます。
ロールオーバーした株式がその後値下がりしたという条件の場合には、本来得られるはずだった非課税のメリットを失ってしまうのです。
株式が大きく値上がりをしてその後の株価の見通しが不透明なの場合には、ロールオーバーをせずに5年が経過した時点で売却してしまった方が有利になるかもしれません。
NISA口座では長期保有が原則となりますが、大きく値上がりした場合には期間の途中であっても、状況に応じて売却を検討するのがおすすめなのです。