外貨投資を始める前に為替リスクを勉強しましょう

外貨投資の方法には外国株式や外国債券の購入、外国為替証拠金取引、外貨預金などのさまざまな方法があります。
円建ての金融商品とは異なるリスクがあることは、投資をはじめる最初の段階から認識しておく必要があります。
外貨投資をしたとしても、いったん日本円に交換しなければ国内で使える利益にはなりませんので、特に購入時と売却時の為替レートの差がどれほどあるのかは重要です。

外貨建てで何らかの金融商品を購入して、将来の売却時点では購入時よりも為替レートが円安、つまりは日本円が外貨に対して安い状態になったとすれば、逆に外貨の側から見れば日本円よりも値上がりしたことになります。
そこでこの金融商品を売却して日本円に交換すれば多額の収益が得られるわけですが、実際には見通しとは反対に円高になることもあるため、この場合は逆に日本円に交換すると損失が発生します。
このように日本円と外貨との交換比率を示す為替レートは、需要と供給の関係で常に変化しているため、投資家が利益を得られる可能性がある一方で、損失を被ることもあり得ます。

これが為替リスクの正体ですが、外貨投資で成功するためには、為替リスクがあることを承知の上で、たとえ損失があっても別の収益でカバーできるように対策を講じておくことが大切です。
損失を抑制する工夫がリスクヘッジとよばれるもので、その方法にもさまざまなバリエーションがあります。

外貨とはいっても複数の国の貨幣、たとえば中国の人民元をメインに投資している人がアメリカドル建ての金融商品もあわせて購入して、片方で損失が出ても他方でカバーできるようにする分散投資が想定されます。
ほかにも外国為替証拠金取引などでは、買いの建玉と売りの建玉を両方とも保有しておきます。
極端な円高や円安に為替レートの変動があった場合でも、決済までの間に損失が拡大しないようにバランスを取ることも、リスクヘッジのひとつとして盛んに行われているところです。

為替ヘッジコストの計算方法の紹介

外貨投資の金融商品を購入する場合の為替ヘッジにはさまざまな方法があるとはいえ、究極的には現時点で将来的に見込まれる為替レートを予約しておき、為替リスクの影響を少なくすることが目的です。
その際には為替ヘッジコストとして、日本円と対象の外貨との金利差分のコストが発生します。

この為替ヘッジコストの計算方法ですが、一般には対象となる外貨の短期金利から日本円の短期金利を差し引いて近似させます。
為替ヘッジコストが高い場合には、その分だけ為替ヘッジをした後の利回りが低くなってしまうことから、あえてヘッジをしない選択肢もあり得ます。
ただしヘッジなしの場合には大きな収益が期待できる反面、リスクをすべて投資家が受け止める覚悟が必要です。
そのためある程度の余裕資金がある投資家以外は、安易にリスクを無視するのは避けたほうが無難といえます。

あらかじめリスクヘッジの考え方が組み入れられているパッケージ化された金融商品を購入するのとはわけが違います。
外国為替証拠金取引などの投資家個人の裁量の余地が大きな金融商品を取り扱う場合は、円安または円高になったときの損益分岐点を投資家自身で計算しておくことも必要です。
その計算方法ですが、日本円による購入代金を将来見込まれる外貨建てでの元利合計で除して、損益分岐点となる為替レートを求めます。

極端な為替レートの変動のために損益分岐点を突破してしまった場合の対策として、投資家は為替レートの変動が落ち着いて含み損が解消されるまで時間の経過を待つか、または早めに損切りをして損失を拡大させない選択を迫られます。
この損益分岐点は手数料などのコストは考慮していませんので、より正確には他のコストも計算に含めて割り出す必要があります。